ジョモックスは顔のうぶ毛が気になるとき使っても大丈夫?

いいえ。ジュモックスは、ワキ・腕・脚のためのボディ用除毛クリームですので、顔などのデリケートな部分へのご使用はお控えください。

 

ワキ・腕・脚の細くて柔らかい産毛はもちろんですが、強くて太い、濃くなってしまったガンコなムダ毛にも対応できるように開発された除毛クリームですので、皮膚の薄い顔には、刺激が強すぎて、肌トラブルを起こす可能性があります。

 

また、市販のほとんどの除毛クリームはボディ用ですが、顔にはご使用できません。

 

ジョモックスを顔に使うとどうなる?

ジョモックスは、ワキ・腕・脚の強くて太い、濃くなってしまったガンコなムダ毛にも効果のあるボディ用除毛クリームです。

 

低刺激成分で配合されていますが、顔の皮膚は、腕や脚と比べて大変薄いため、成分が肌に残りやすくなりますので、ヒリヒリとした痛みを伴ったり、赤くかぶれてしまうなどの肌トラブルになる可能性が高くなります。

 

また、クリームを洗い流す時などに、誤ってクリームが目に入ってしまいますと、最悪の場合、失明する恐れがあります。顔へのご使用はお控えください。

 

顔のうぶ毛はどう処理すればいい?

通常、皮膚は、表面を覆う水分によって外部の刺激から守られていますが、カミソリで剃ったり、顔用ワックスシートなどを使用して産毛を処理した後は、摩擦や熱、ワックスの成分配合によって、皮膚を覆っていた水分が大幅に乾燥してしまいます。

 

産毛は、失われた水分に代わって肌を守るために、さらに濃く、太く生えてきますので、出来る限り肌への刺激の少ない電気シェーバーを利用し、産毛処理後には、顔の隅々までたっぷりと水分補給(保湿)をするといいでしょう。

 

除毛クリームを顔に使ってはいけない理由

除毛クリームは、厚生労働省に医薬部外品として認められた「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分が、ケラチンという体毛を構成するのタンパク質を分解し溶かすことで除毛しています。

 

身体を覆っている皮膚も、同じたんぱく質で出来ており、特に皮膚の薄い顔やデリケートゾーンは、成分の影響を受けやすくなりますので、肌への刺激や負担が強すぎてしまいます。

 

また、「チオグレコール酸カルシウム」は、独特のニオイも伴いますから、肌トラブルだけでなく、気分が悪くなることもあります。